どこも審査が通りませんお金が必要

どこも審査が通らない

  1. 携帯電話申し込みでどこも審査が通らない
  2. 個人信用情報機関の登録が原因でどこも審査が通らない
  3. どこも審査が通らないならブラック対応消費者金融?
  4. どこも審査が通らないなら申込ブラックかも
  5. 年収3分の1以上の借金をしていても審査に通る方法

 

携帯電話申し込みでどこも審査が通らない

携帯電話の新規の申し込みをするとき、通話料や通信料金だけでなく端末代金の支払いも必要になります。
スマホが主流になっている現在では、スマホの端末代金が10万円くらいかかるので、多くの申込者が一括購入ではなく分割購入を選んでいます。

 

すでにスマホ利用者の方は、24回払いの分割購入をしている人がどこの携帯キャリアでも一般的です。
24回払いということは、ケータイ会社と契約をしてから2年間は通話料などに端末代金が加算された料金が毎月請求されることになります。

 

携帯電話の利用者になるとき、分割払いをするという認識を持っている人は少ないのではないでしょうか。
そのため、新規で携帯電話の申し込みをしたいけれどどこも審査が通らないという事態が発生します。
審査を通過しなければ、自分のスマホを持つことができません。
どこも審査が通らない場合、どのような原因が考えられるのでしょう。

 

携帯電話の利用料を滞納していると、審査落ちしてしまう可能性が高まります。
契約通りに支払いをしてくれるという信用力がある人に対し、分割購入が認められますので、滞納していると返済能力が低いと判断されてしまいますから気を付けてください。
新規の申し込み時に利用中の携帯電話の料金を滞納している場合はもちろんのこと、過去の返済延滞も審査落ちにつながります。

 

携帯キャリアは複数ありますが、今回はNTTドコモのケースをご紹介します。
NTTドコモでは、自社のサービスの利用者であれば支払い状況がどのようになっているかを、簡単に確認できるシステムが整っています。
使用料の未払いや遅延などの情報があれば、新規の審査を通過することはありません。

 

NTTドコモを利用していて未払いの料金があるようでしたら、ドコモショップで完済してから申し込みをすることが第一です。
支払わないまま長期間過ぎていると、支払督促が郵送されます。
支払督促が来ても支払いがされていなければ悪質だとみなされ、全額支払ったとしても審査に通りにくくなってしまいます。

 

携帯電話料金を支払わずに滞納していると、電気通信事業者協会というところでそのことが登録されてしまいます。
登録された未払い情報は共有され、強制解約になってから5年は審査落ちするといわれています。

 

電気通信事業者協会に加入している通信事業者に対し、平成11年4月より料金の不払い状況の情報交換が行われています。
情報が交換されている期間は契約が解除されてから5年以内で、以降は自動的に抹消されますが、それまでは他の電話会社も確認できます。
情報が照会されることにより料金不払いが明らかになれば、どこも審査が通らない状況につながるでしょう。

 

電気通信事業者協会で電話事業者間に共有されているデータは、名前・生年月日・住所・性別・連絡先電話番号・契約していた当時の携帯電話番号・料金の不払い状況の7項目です。
電話料金の不払いなど起こしたことがないのにどこも審査が通らないなら、以前に契約していた電話会社の相談窓口に問い合わせれば、本人確認を行った上で登録内容の開示をしてもらえます。
間違った情報が登録されていれば、取り消しや訂正を受け付けてくれます。
心配でしたら、情報開示の申請をしてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

▲上に戻る

 

携帯電話の契約をしたくてもどこも審査が通らない場合、一つの原因として個人信用情報機関に登録されている情報があげられます。
個人信用情報機関は銀行カードローンや消費者金融のキャッシング、クレジットカードなどを利用して債務整理や長期延滞などの金融事故情報を起こすと登録されます。

 

金融機関でお金を借りたことがないから関係ないという人でも、携帯電話やスマホの支払い状況によっては信用情報データベースに登録されている可能性があります。
それは、端末本体の代金を多くの人は24回の分割払いをしていることと関係しています。
分割購入をするということは、キャッシングやカードローンから融資を受けるときのような審査が行われます。

 

個人信用情報機関は国内に3カ所ありますが、携帯電話はCICというところに入っています。
もし携帯電話に申込みをしてどこも審査が通らないなら、毎月の通話料などを延滞したことがないか振り返ってみてください。
長期延滞などの金融ブラックとしてCICに登録されていると、1社の携帯電話会社でのことであっても、他社もCICの情報を照会して審査の参考にできます。
金融ブラックの申込者だとわかれば、料金の不払いや遅延をされる可能性が高いとみなされ、どこも審査が通らない事態につながるのです。

 

支払いをしなかった期日から5年間は、CICにその情報が残ってしまいます。
未納の料金がある場合、別の携帯電話会社に乗り換えればいいという考えで踏み倒そうとしてもできません。
それだけ毎月の支払日を守ることは、とても重要なんですね。

 

携帯電話の料金だけは気を付けて毎月きちんと支払っていたのにどこも審査が通らないという場合は、クレジットカードやキャッシングなどの返済がとどこおっている可能性が考えられます。
銀行や消費者金融などの金融機関の借入れや返済状況も、CICなどの個人信用情報機関で照会できます。
新規で携帯電話やスマホの契約を結ぶとき、どこかでお金にルーズな記録が登録されている申込者だとわかったら、自社でも料金遅延をされる可能性が懸念されるでしょう。

 

5年間経過すれば個人信用情報機関のデータベースから金融事故情報は抹消されるのですが、そこまで待たなくても審査に通るようにする努力はできます。
きちんと支払いをするという実績を積み上げていくことです。

 

スマホの端末機器は10万円など価格が高額なものがほとんどなのですが、もっとお手頃な携帯電話なら一括購入もすることができます。
リーズナブルな携帯電話を6ヶ月〜1年くらい利用し、毎月の支払いをしっかり守っていくのです。
そうすることにより以前に延滞などの事故があった人でも、分割購入での審査に通りやすくなる可能性がでてきます。

 

新規での申し込みではなく機種変更の場合、auとNTTドコモは比較的これまでの支払い状況のチェックを自社内のデータでのみ行って、個人信用情報機関までは確認しないという説があります。
ソフトバンクはどちらもチェックするそうなので、この方法ではauかNTTドコモを選んだ方が有利かもしれません。

 

 

 

▲上に戻る

どこも審査が通らないならブラック対応消費者金融?

 

金融機関から融資を受けたいけれど申し込みをしてもどこも審査が通らないという場合、銀行カードローンや大手消費者金融のキャッシングなど知名度の高いところばかりを狙っていないでしょうか。
借り入れをするとなるとお金にかかわることですから、全国に支店がある都市銀行やテレビCMなどで名前に馴染みのある消費者金融は安心感がありますよね。

 

しかし、どこも審査が通らない方の中には他社から借り入れをした経験がありそのときに長期延滞をしていたり、自己破産などの債務整理をしている金融ブラックの方もいるはずです。
決して金融ブラックに一度なった過去があるからといって一生どこも審査が通らないというわけではなく、一定期間を過ぎれば個人信用情報機関のデータベースからその記録が抹消されますので、消えれば審査に通りやすくなります。
しかし、情報が登録されている機関は通常5〜10年と期間が長いので、そこまで待っていられないという方も少なくないでしょう。
そんなとき、ブラック対応消費者金融という選択肢があります。

 

ブラック対応消費者金融というと、なんだか聞こえが悪いですよね。
大手ではなく中堅の消費者金融なので、大手とは異なる自社の判断で審査を行っていることから、ブラックの方でも融資を受けられる可能性があります。
ブラックの状態では、まず大手消費者金融の審査には通りません。
中小消費者金融では過去のことはさておき、申し込み時での返済能力や信用力などをしっかり判断してくれます。
創業してから歴史の長い老舗も多いので、ブラック対応業者といわれるところは優良消費者金融が多いのも特徴的です。

 

ただ、中小消費者金融は店舗数が少ない傾向がありますので、例えば東京にある本店に面談のため一度は足を運ばなければならないというマイナス面もないわけではありません。
大手は入力した個人情報をコンピューターでスコアリングして審査落ちさせるなどしますが、中小は面談をすることから本人を丁寧に判断するために、金融ブラックでも融資をしてもらえる可能性がでてくるというわけです。

 

ブラック対応消費者金融といわれているからといって、審査が甘いわけではありません。
むしろ丁寧に審査をしてくれるからこそ、融資が受けられる可能性がアップします。
利用限度額は大手よりも少額かもしれませんが、本当に困っているときはとても助かるはずです。

 

中小消費者金融は大手のように大々的な宣伝を行っていませんので、知名度があまり高くはありません。
そのため、闇金と間違って申し込んでしまわないよう要注意です。
口コミ情報などである程度リサーチをしてから、優良消費者金融だと確認した上で手続きを始めるようにしてください。

 

 

▲上に戻る

どこも審査が通らないなら申込ブラックかも

申込ブラックという言葉を聞いたことがありますか。
1ヶ月の間にだいたい3社を超える申し込みを立て続けに行っていると、それだけでどこも審査が通らない事態になってしまう人のことです。

 

一般的に通称金融ブラックというと、自己破産などの債務整理を行っていたり長期延滞をして金融事故を起こしている人のことをいいます。
申込ブラックの場合はこれらのお金のトラブルを一切行っていなくても、短期間に多数の申し込みを行ったというだけでなってしまいますので気を付けてください。

 

金融機関から借り入れをしたことが全くない人ほど、審査に通らなかったときに備えて、何社にも申し込みをしたらそのうち一社くらいは融資を受けられるのではと考えがちです。
他の分野のことでしたら、うまくいかなかったときに備えてどんどん積極的に先手を打って行動を起こしていくことはよさそうに思えますよね。
でも、金融機関から融資を受けことに関してだけは、申込ブラックとなってどこも審査が通らない事態に発展しますのでやめておきましょう。

 

金融機関に申し込みをすると、そのことが個人信用情報機関に登録されます。
融資の申し込みを受けるとその業者は加盟している個人信用情報機関のデータベースを照会でき、審査の参考にできることが法律で決まっています。
新規で申し込みを受けたら必ず審査を行いますので、個人信用情報機関を確認して他社で手続きを行っていることがすぐに明らかになってしまいます。
実際のところは1ヶ月に何社以上同時に申し込みをしたら申込ブラックになるかは明らかになっていないのですが、3社以上といわれていますので、2社までにとどめておいた方が無難です。

 

申込ブラックの知識がなかったので、もう短期間に3社以上の金融機関に申し込みをしてしまった、どおりでどこも審査が通らないはずだという場合どうすればいいのでしょう。
国内に個人信用情報機関は3カ所ありますが、いずれも申込ブラックの記録が保持される期間は6ヶ月だということです。
6ヶ月間はどこの金融業者にも申し込みをしないように待ち続け、経過したら手続きをすれば、審査に通る可能性が格段にアップします。

 

今お金が必要なのになにもせずに半年間も待てないという場合、大手ではなく中小消費者金融なら審査に通る可能性はあります。
各社の基準にもとづき、安定した収入があることなどの条件を満たしている必要はあるのですが、申込ブラックというだけでどこも審査が通らない状況だったのでしたら、融資を受けられる可能性は十分あるでしょう。
確かに中小消費者金融は利用限度額が大手ほど高額ではありませんが、申し込んでみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 

 

▲上に戻る

年収3分の1以上の借金をしていても審査に通る方法

消費者金融などが対象となる貸金業法は、平成22年6月から総量規制が開始し、年収3分の1までを上限とする貸し付けしかできない規則になりました。
すでに年収3分の1近い融資を受けているので、新規で他社に申し込みをしているけれどどこも審査が通らないとお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。

 

もしかしたら消費者金融ばかりで手続きをしていて、総量規制の対象外である銀行カードローンなどには申し込みをしていないのかもしれませんね。
銀行や労働金庫、信用組合、信用金庫などの金融機関は貸金業法ではありませんから、年収の金額に関係なく融資を受けることができます。

 

消費者金融でも、年収3分の1近い借入れがあるにもかかわらず審査に通るケースがあります。
おまとめローンは消費者金融でも総量規制の対象外ですので、複数の金融業者から借り入れをしているなら一本化するという選択肢もあります。

 

おまとめローンは複数の借金を1箇所の金融会社からの借入れに借り替えられるというものですが、必ずしも審査に通るとは限りません。
すでに多重債務をしている人を対象にした金融商品なので、他社からの借り入れ状況などがネックで審査落ちすることはないと思われがちです。

 

しかし、傾向としてはあまり多くのところから借り入れをしている方は銀行のおまとめローンの審査に通らないので、借り入れ状況によって申し込む金融機関を決めるといいでしょう。
5社を上回るところの融資を借り換えしたい場合は、銀行ではなく消費者金融のおまとめローンにすることをおすすめします。

 

おまとめローンの他にも、貸金業法の総量規制の対象外もしくは除外になる融資があります。
既婚者の方でしたら、一人分ではなく配偶者の方の年収と合算した金額をもとに申し込みを行えば、2人の年収合計の3分の1まで融資を受けることが可能になります。

 

年収3分の1まで貸付けができるという法律なので、そもそも収入がない専業主婦の場合は借金ができないということになりますが、配偶者の収入証明書を提示し、借入同意書も用意すれば、融資を受けることができます。

 

消費者金融は連帯保証人や担保なしで借り入れができるのですが、株などの有価証券や不動産を担保にすれば総量規制に関係なく貸付けされます。

 

例外規定として、医療費が緊急に必要になったとき、高額療養費・緊急の医療費の貸付けという手段があります。

 

個人事業者の方は総量規制の対象外となっていますので、融資が受けられます。
金融会社によって事業・収支・資金計画書の提示が必要になりますから、確認してから申し込みをするとスムーズです。

 

総量規制の対象外である大手都市銀行では変化が見らえており、2017年にはみずほ銀行が融資を行うのは申込者の年収3分の1までにしようという内部基準を設けたと報道されました。
銀行だからと総量規制を無視できた時代は、徐々に見直されていく段階に入っていくのかもしれません。
申し込みをするときにはその金融機関の公式ホームページなどを見て、最新の手続き条件をチェックし万全の準備をしてから手続きに入りましょう。

 

 

▲上に戻る